戻る 
小田急SE車
「あさぎり」最後の日

 
このページは
「さかぽよすのページ」内のコンテンツです。 
著者・管理人:さかぽよす

amazon「小田急」の検索結果


●SE車との真の出会い

 SE車の存在は幼い頃から知ってはいたのですが、幼い頃はNSE車の方が好みであり、また名車だと言うことを知らないために、しばらく関心を示すことはありませんでした。小田急線も度々乗り、SE車も見たことはあるのですが、昭和時代は乗ったり追いかけたりすることはありませんでした。
 私が小田急SE車を追いかける切っ掛けとなったのは平成元年末。SE車は昭和32年製で、昭和43年に御殿場線乗り入れ改造を受けたものの、当時すでに30年以上経過して今なお現役の特急車両として活躍していることから興味を持ち始め、SE車目当てに御殿場まで1往復したのが始まりでした。行きは「あさぎり1号」で、帰りは「あさぎり4号」です。
 最初に乗ったのは3041×5で、3042号には日本車輌昭和32年と川崎重工昭和59年の銘板が出ていました。実は3042号のものは登場当時の金属製のものでしたが、他車は新たに作り直したものが貼られていたのです。
 SE車を撮るのですが、当時私は鉄道写真のスタイルを確立しておらず、まず車内等を撮ったのですが、御殿場到着後、御殿場駅の2番線にいる時に1番線から編成全体の写真が撮れたのが収穫でした。天気は曇のため条件もよく、当時の写真の腕からすれば結構いけたのかな、と。ちなみにフィルムはコダックのエクター100です。ひょっとして、これが私の停車中の形式・編成写真中心の鉄道写真のスタイルを作り出した切っ掛けだったのかも知れません。

   



●SE車の編成写真を撮るべく……

 時は過ぎ、平成2年5月に、やはり当時30年以上現役として活躍していた東武DRCを追いかけ始めました。後継の特急スペーシアが出ると言うことを知り、DRCがなくなると思ったのです。当初は近場で済ませましたが、近場では良い写真が撮れないとして遠い下今市や東武日光へ何度も通いました。
 その相乗効果で小田急SE車も何度も追いかけることになったのです。と言っても御殿場で停車中の所を、今度は白黒フィルム(T−MAX400等)で撮りたいだけだったのですが、午前中は晴天時だと逆光気味になり、仕上がりを見て納得せず、何度も御殿場へ通いました。またある時は松田でも撮影したのですが、場所柄引きのある構図で撮れないのが残念でした。他に山北とかの可能性もあったのですが、停車時間が短いために挑戦しませんでした。
 御殿場へ行く手段も、「あさぎり」のみならず、小田急線の急行で新松田へ行き、隣接する松田駅から普通列車(115系、211系)に乗ったり、またJRの東名ハイウェイバスや小田急高速バスを使ったりと色々しました。

   
 左上:平成2年8月23日・御殿場
 右上:平成3年1月2日・御殿場
 左下:平成2年7月15日・松田



●世代交代の報を知る

 SE車「あさぎり」の引退を知ったのは、平成2年11月18日に行った際、帰りの「あさぎり2号」での車中のことでした。当時はインターネットとかは一般的ではないし、鉄道雑誌も講読していなかったのでそうした情報が入って来なく、この時になって初めて知ったぐらいでした。
 「本日は『あさぎり』号をご利用頂きまして、有り難うございます。来年の春、新型の特急電車として『あさぎり』号は新宿〜沼津間の運転を計画しております。そのため、ご利用のみなさまにご意見を聞かせて頂き、今後の参考とさせて頂きますので、お疲れの所大変申し訳ございませんが、アンケートにご協力をお願い致します・・・・」
 JR東海静岡支社によるアンケートでしたが、適当なことを記入し、要望欄には「SE車は残してほしい」と書きました。アンケートの元が小田急ではなくJR東海と言うことは十分分かっていたのですが。
 そうなるといよいよ通う回数も増えました。高校受験が控えていたけれど、お構いなしに何度も行きました。そして「あさぎり」にもよく乗ったのですが、御殿場で当日分の急行券を買う際は台帳に記入する方式であり、また硬券でした。当時の「あさぎり」は特急ではなく「連絡急行」であり、座席指定ではなく号車指定だったのでそれで済んだのです。硬券だった時は私が知る限り平成2年末まであったことを確認しています。新宿では急行券は回収されないために、「御殿場→(小田急)新宿」間の急行券は何枚か持っています。

当時の連絡急行券



●さよならは近づいて

 新「あさぎり」の詳細が段々と分かっていくにつれ、SE車の現役引退が近づいてきましたが、第一志望の高校が合格したことが分かった平成3年3月1日、学校から帰った午後、再びSE車に乗りました。3月になったと言うことで、ヘッドマークが「あさぎりSE車さよなら運転」となったり、また駅では「SE車御殿場線さよなら記念乗車券」も発売されました。D形硬券サイズで絵が描かれているのですが、一番安い町田までは270円だったので何枚か買いました。他に本厚木、松田、駿河小山までの乗車券も売られたのですが、当然のことながら駿河小山が一番高いです。
 そして「あさぎり5号」に乗って御殿場へ行ったのですが、皮肉にも御殿場は雪が降り、編成写真よりも情緒的な写真になりました。帰りも「あさぎり6号」にしたのですが、さすがにこの時となったら硬券ではなくマルス券でした。でも号車指定とかはなく、判子と手書き文字で列車と号車の指定をしていました。台帳は最後まで健在だったのです。

 

雪の御殿場で211系と並ぶ

雪にまみれたSE車

3月3日の南新宿での「あさぎり2号」

3月9日の「あさぎり5・6号」


 3月3日。「3.3.3」の日だったので朝は新宿で鉄道各社が発売される記念硬券等を購入。もちろん小田急の入場券も買ったのですが、SE車さよならの「3.3.3」があったかどうかはちょっと分かりません。そして昼前には南新宿で、新宿に到着する直前のSE車を順光で撮影しました。
 9日にも御殿場へ行き、取り敢えず白黒で編成写真を撮りました。ただ、当時は立って撮るのが良いと思っていたのですが、今思えば構図的に「しゃがんで撮れば良かった」とちょっと後悔。前に御殿場で編成写真を撮った時も、立って撮ったのが大半で、しゃがんで撮ったのは少ないのです。

記念の硬券乗車券




●いよいよ最終日

 新宿では「あさぎり5号」に先行する13時31分の急行小田原行きで新松田まで行き、松田駅でまずは「あさぎり5号」を撮影。連絡線を通って御殿場線に入ろうとした様子と、松田駅1番線にいる所を撮影。編成は3041×5でした。

 

松田連絡線を行く

松田停車中の「あさぎり5号」


 松田15時21分発の沼津行き115系に乗車して、56分に御殿場到着。まだ「あさぎり8号」に空席があるかな、と思ったらあったので購入。御殿場駅ホームはファンら沢山の人が来ており、1・2番線ホームでは看板が出ていたりで正に記念の雰囲気が沢山滲み出ていました。3041×5がヘッドマーク以外余り変わらないような姿でたたずんでいたのですが、3041×5にとっては先に御殿場線からお別れ、と言うことになりました。16時41分に新宿へ向けて発車。

最終日の御殿場駅

「あさぎり8号」の連絡急行券


 その直後の16時53分、「あさぎり7号」が到着。重連で、新宿寄りが3051×5、御殿場寄りが3031×5でした。折り返し「あさぎり8号」となるのですが、どっちも「1号車〜5号車」となっており、「A号車」「B号車」となっているために、どっちに乗ればいいのか分かりません。
 御殿場駅ホームにSE車5両では短いけれど、重連の10両となるとさすがに長いです。ここで駅の関係者の配慮によってホーム端から線路立ち入りが認められ、私も編成全体や真正面を撮影しました。SE車重連の編成写真撮影はこれが最初で最後となりました。

重連の全体

連結部


 またセレモニーが開始、まずは楽団による演奏の後、御殿場駅長と御殿場市長の挨拶などが行われました。セレモニー終了後、「あさぎり8号」の乗車が開始。私は3051号に乗車、5号車の501番に座りました。先頭車の連結面の最後尾でした。

 

楽団による演奏

御殿場駅長による挨拶


 17時57分御殿場発車、警笛を鳴らし、ホームにいた楽団の演奏に見送られる形で起動していった。そして車内ではJR東海静岡支社と小田急による記念品をもらうことが出来た。絵はがきや台紙付き御殿場駅入場券、ボールペン、また新「あさぎり」のパンフレット等、今思えば貴重なものばかりです。

記念品類

新「あさぎり」パンフレット

絵はがき

御殿場市観光協会による駅入場券

パンフレット内・RSE車紹介

パンフレット内・JR371系紹介


 最終列車を撮影しようとする人は沿線や駅でも多く、松田駅では三脚を据えて撮影する人がかなりでした。これを以てSE車はJR御殿場線では最後となりました。小田急線内に入っても撮影する人の姿は絶えなかった。一方車中の私は、車内を巡回していたウエイトレスさんが注文を取っていたのでアイスココアを頼み、座席まで届けてくれました。当時の小田急ロマンスカーは座席に必ず喫茶のメニューとロマンスカーの時刻が書かれたリーフレットが置かれており、車内販売も、ウエイトレスさんが車内を巡回して注文を取り、届いたらお金を支払うシステムだったのです。
 本厚木、町田と停車していよいよ19時37分新宿到着。1番線に入ったのですが、車止め付近を含めてものすごい人でした。私はフィルムを使い切ったのでその様子を撮影しなかったのですが、最終列車を運転した運転手さんたちに花束が贈呈されるなどのセレモニーが行われました。
 セレモニーも終わり、3035のヘッドマークがいつの間にか「回送」に変わっていたのですが、経堂までの最終列車が発車するのを私はホームの端の方で見送りました。これでSE車ともお別れかな………と思われました。



●その後

 平成3年夏、ふと経堂検車区に行ったら、なんとSE車が4編成とも留置されており、パンタグラフを上げて電気を入れていました。実は「あさぎり」引退後もすぐに廃車とはならず予備として残存していたのです。
 しかしいよいよ廃車となる日が近づいて、平成4年3月に「さよなら乗車会」が行われるのを知ったのは鉄道雑誌でした。高校生になって鉄道雑誌を講読するようになったので情報が入ったのですが、私は乗車会に応募したが残念ながら外れ、また当日は高校の学年末試験の期間中だったため、新宿や唐木田に行くことはありませんでした。でも、記念の台紙付きロマンスカードだけは買いました。これがせめてもの救いでしょうか。また小学館から出たビデオ「小田急ロマンスカーさよならSE3000形」もレコード屋で入手しました。

SE車引退記念ロマンスカード台紙表紙

小学館から出たビデオ


 更に平成5年3月には3021×5編成が保存されることが決まり、3021号の先頭部を登場当時の姿に復元、3022も塗装だけ登場当時のものとしました。大野工場で行われたお披露目は報道関係者のみの公開だったため私はもちろん行けず、その後海老名で保管庫が作られて3021×5が置かれました。しばらくは一般公開しなかったのですが、平成9年の「小田急ファミリー鉄道展」で、この時が多分初めてでしょうか、SE車も一般公開しました。車内は全車現役末期そのままでしたが、ちょっと懐かしい気分にさせられたものでした。
 でも、3021の客室内運転台扉上にはブルーリボン賞のプレートの複製が取り付けられていました。鉄道友の会のブルーリボン賞は、SE車の性能・外観等のインパクトが強いから設けられたとの説も有力視されており、それだけ名車なのだな、と思います。
 願わくは流線型のみならず、窓や屋根の空調装置カバーも復元してもらいたいと思っています。


−おわり−










戻る