戻る 前に(昭和63年10月) 次に(平成元年1月)

昭和63年11月23日
〜「ギャラリー号」に使われて〜


 次に6152を撮影したのは昭和63年11月23日。「都電荒川線写真コンテスト」が開催され、優秀作品を車内に展示すると言うものでしたが、それに復活間もない6152が使われることとなったのです。11月上旬に何度か都電を撮影してそのことを知ったのですが、23日は中学校の2学期の期末試験が近いと言うことで親に渋い顔をされました。でも、「終わったら早急に帰宅する」と言う条件付きで行くことを許されたのです。荒川電車営業所に運転時刻を問い合わせ、12時半と14時半の2回と言うことが分かって、それに合わせるように出発。三脚を持つなど気合も入っていました。
 車庫前にはすでに多くのファンが待っていたのですが、やがて6152が顔を出しました。系統版部分には菱形の特製マークが付けられていました。


 この日は12時半と14時半の2回運行。その前には7504も顔を出し、そのまま営業運転に入りました。ただし大塚駅前〜町屋駅前間の区間運用です。7504はこの時すでに余り運用に顔を出さなくなっていたようだったので、貴重な機会です。

 12時半の運転分をまず荒川車庫から乗車。初めての6152乗車となったのです。乗車記念証も配布されました。6152は前扉から乗車、当時世田谷線で使われていたのと同じような料金箱があり、釣り銭なし、或いは回数券はそこに投入するようにしていたのですが、釣り銭がある場合は乗務員に直接渡して、鞄の中から釣り銭を出してもらうようにしていました。降りる際は後方の扉からと言うことですが、扉は手動のため後方にも乗務員が乗っています。


 車内はかなり混雑しており、車内の雰囲気をよく楽しめないまま飛鳥山であっさり下車。乗った気はしなかったのです。


 今回6152を飛鳥山の歩道橋上から狙いました。斜め上からの全体の写真が撮れるからです。焦点距離は35mmでは小さ過ぎたのですが、50mmが丁度良さそうかな、と。実は父がSFXを購入した際、ズームレンズに限らず、50mmの単焦点レンズも買っており、試しに持ってきたのですが、50mmで丁度良いと言うことならばそれを使うことにしたのです。明治通りの信号待ちの際、車両の手前側には車が入ることはほぼないので、車両撮影にはうってつけの場所です。当時は明治通りの池袋側にも歩道橋が掛かっていたのですが、現在は道路拡幅等で横断歩道になりました。
 淡い晴天の下、7504や他の7000形、7500形などを撮っていくのですが、いよいよ6152の登場。この時、グッドタイミングで曇ってくれて、歩道橋などの影がなく、きれいな状態で撮ることが出来ました。おそらく私が撮影した6152の中でもベストショットの1つとなったのです。フィルムはカラーネガ、コダカラーゴールド100ですが、仕上がりを見て、単焦点の余りもの鮮明さに驚いたぐらいです。以来私はしばらくの間アンチズーム派となったのでした。すぐ、と言うことではなかったのですが。



 撮影は一先ず成功。本来ならば「すぐ帰宅」と言うことですが、折角だからと他に撮影することに。のんびりとしていたのですが、ふと荒川車庫まで行った時、6152が入庫した所でした。14時半にもう一度出るのですが、さすがにそこまで遅くは残れない。その時、7504の大塚駅前行きがやって来たので、飛び乗りました。
 実は私が7500形の原型ワンマン改造車に乗ったのは、後にも先にもこれ一度きりでした。音自体は変わりはないものの、車内は板張りの床など古い姿を色濃く残していたのです。大塚駅前で折り返し、町屋駅前まで去りゆく姿を撮影して今日は終了、帰宅となったのでした。



戻る 前に(昭和63年10月) 次に(平成元年1月)