戻る 前に(昭和63年11月) 次に(平成元年2月)

平成元年1月〜形式写真を求めて(1)〜

 平成元年になり、6152が祭日と毎月第3日曜に運行することを知り、また頻繁に通うことになったのです。私が今度狙ったのは、荒川車庫前で出発待機する所の形式写真撮影でした。運転が14時半からの一度限りなのですが、それを狙って出かけることに。
 最初は1月15・16日の2日連続。15日はどんよりとした曇天なのですが、無謀にも当時発売されたばかりのエクター25を用いての撮影でした。昭和63年末にコダックからエクター25とエクター1000を出し、当時としては圧倒的な高画質を売りにしていたのですが、エクター100が出たのは平成元年秋になってからです。今はISO400〜800を常用している私も、当時はISO100を常用していたのです。
 15日はかなり前の時間から6152を外に出しており、たまたま他に邪魔する人がいなかったので、標準レンズで撮影。しかし、当時フィルターで色補正すると言うことを知らず、また露光値は1/60のF4、手持ちなので大分厳しいものでした。結果も、構図こそは引きが取れて良かったものの、カラーバランスが崩れてしまって駄目でした。

 15日は大塚駅前まで乗車、駅前周辺の場面を撮影してから飛鳥山へ。昭和63年11月のような写真を撮りたかったのですが、残念ながらタクシーに被られ、かつタクシーに邪魔されてしまいました。

左上:大塚駅前電停停車中
右上:大塚駅前を発車後のカーブ
左:向原への上り坂
左下:飛鳥山の歩道橋から
右下:飛鳥山の歩道橋から王子駅前へ


 16日も出かけたのだが、晴天で気温も多少上がり、荒川車庫にいた時点で窓が開いていた、影が思っていた以上にうっとおしかったなど問題点は沢山でした。この日も飛鳥山の歩道橋からの斜めの写真も撮ってみるけれど、晴れると歩道橋の影が車両に掛かってしまった。



 当時は系統板は「荒川線」と表示したもので、周囲は黄色に塗られていました。番号が書かれていないのでちょっと「らしく」はないのですが、昭和49年〜53年まで実際に6000形に使われていたので、全くの嘘とは言えません。


戻る 前に(昭和63年11月) 次に(平成元年2月)