戻る 前に(平成元年1月) 次に(平成元年3月)

平成元年2月〜形式写真を求めて(2)〜

 次は2月。今度は三脚を用い、コダックの白黒フィルムパナトミックX(ISO32)で撮りたいと思うようになった。しかし、なかなかうまいようには行きません。2月11日の時は形式写真撮影こそは出来なかったのですが、後続の電車で追いかけ、そして乗ったりしたのですが、入庫運用である王子駅前〜荒川車庫前間は夕焼けの中の走行で、車内はガラガラで風情があった。入庫する所を逆光で1枚。このときはカラーのエクター25を使用。


 2月19日は別の線路から出てきてしまいました。普段は東端の線路から出るのですが、この日は真ん中からの線路に出てしまい、50oレンズでは入りきらなかったのです。


 追いかけている際、6152にも頻繁に乗車したのですが、立席が出る程混雑するものの、前年11月程ではなく、車内も幾らか観察することが出来ました。発車する際、後方の乗務員が紐で前方のベルを「チンチン」と鳴らすようにしたのですが、本来停車時の「チン」は鳴らしませんでした。


 また、停留所の案内や車内には6152のことを「一球さん」と呼んでいたのですが、当時私はその理由が分からず「なぜ水島新司の漫画の名称を付けたのか?」とずっと疑問に感じており、「一球さん」とは呼びたくなかったのです。その理由を知ったのはずっとずっと後のことでした。
 当時の運転時刻は以下の通りでした。
 出庫→荒川車庫前1430→王子駅前1435→大塚駅前1448→東池袋四丁目1453→早稲田1500−1508→東池袋四丁目1515→大塚駅前1520→王子駅前1534→荒川車庫前1540→町屋駅前1553→三ノ輪橋1559−1607→町屋駅前1613→荒川車庫前1626→王子駅前1631−1634→荒川車庫前1640→入庫

戻る 前に(平成元年1月) 次に(平成元年3月)