戻る 前に(平成元年2月) 次に(平成2年11月〜平成4年2月)

平成元年3〜5月〜形式写真を求めて(3)〜

 3月に入り、第3日曜日が待ち遠しい日々が続きました。3月12日には、たまたま情報が入った熱海城へ行って6181と6189(現存せず)を撮影したのですが、その翌週がいよいよ運転日。3月19日も荒川車庫では駄目でした。飛鳥山の歩道橋からは、歩道橋の影が車両に掛からず大分スッキリとはしたものの、信号機の影が入ってしまいました。


 その2日後の3月21日には荒川車庫でようやく撮ることが出来ました。ただ、撮影時間が短く、じっくりフレーミングしている余裕はなかったために、今から見れば全体が小さい、左右のバランスは悪いなど問題点だらけでした。1月15日に撮ったのが偶然にも良かったので、「一体何だったんだ」と思うように。


 この日も飛鳥山の歩道橋から狙ったのですが、ちょうど影が出来ないぐらいに曇ってくれたものの、あいにくタクシーが2台入ってしまいました。当時としては悔しい思いをしたのですが、そのタクシーも今から見れば古いもので、違う意味での価値が出てきたかな、と。そして後続の電車で三ノ輪橋まで行き、そこでも正面などを撮影しました。


 平成元年5月、この時はプラスXなどを用いて地下鉄や鶴見線などを撮りに行きました。そんな最中の21日、朝は地下鉄、昼は博物館動物園駅へ行ったのですが、たまたま第3日曜日だったことから午後は飛鳥山で都電6152を撮影。まずは早稲田行きを電停付近から撮影、その後折り返しを待って歩道橋から車両全体を撮影しました。さすがに気温が高く、窓がかなり開いていたのですが、今となっては窓が開いた記録があってもいいかな、と。




戻る 前に(平成元年2月) 次に(平成2年11月〜平成4年2月)