戻る 前に(平成元年3月〜5月) 次に(平成4年3月)

平成2年11月〜平成4年2月
〜形式写真を求めて(4)〜

 平成元年〜2年にかけては他の車両を撮影していたのですが、特に古参の特急電車である小田急SE車と東武DRCをよく撮影しに出かけました。そんな中、平成2年11月18日に午前中御殿場で小田急SE車を撮影した後、午後都電6152を撮りに。当日は午後は曇天で程よかったです。荒川車庫での撮影はうまく行かなかったものの、荒川車庫前電停に止まっている所を撮り、また飛鳥山の歩道橋からの斜めの写真はうまくいきました。


 途中、荒川車庫前→学習院下では乗車、古い小型のカセットテープレコーダーで走行音を録音しました。この時、運転に際して付けられる系統板が「荒川線」から「32(裏面は27)・文藝春秋」に変わりました。

 平成3年11月〜12月にも何度かチャレンジしたのですが、荒川車庫での撮影はうまく行かず、飛鳥山や新庚申塚で代替しようとしてもこれもうまく行かず。冬は晴れると影が車両に掛かりやすくなり、なかなかうまく行かないのです。その後も運転日を狙いこそはしたものの、天候等の関係でなかなか行けずでした。


新庚申塚での6152


 そして平成4年2月16日に試みた時のこと。T−MAX100を使って荒川車庫で撮影したのですが、なんとうまく車両が出てくれ、良い構図で撮れたまでは良かったです。しかし、現像が仕上がったら露出不足でした。「薄曇りだから露出計の値から補正をしなくても大丈夫だろう」と思ったのが間違いで、これにはショックが大きかったです。冬は暗いので露光は多めに、と言う両親の言葉が身に沁みました。両親は露出計のないカメラで撮った経験があるもので。



戻る 前に(平成元年3月〜5月) 次に(平成4年3月)