戻る 前に(平成4年3月) 次に(平成5年3月)

平成5年2月21日〜最後の深緑〜

 高校生だった平成4年夏に中判カメラを購入。当然、中判カメラで6152の形式写真を撮ってみたくなったのですが、夏は窓が開くので、冬まで待ちました。そして平成5年2月21日に再び出かけました。午前中は谷保と鶴川の都電の保存車を訪ね、一旦帰宅した上で午後に荒川車庫へ行き、6152を中判カメラで三脚を据えて撮影。自動車がいたので構図的にちょっと苦しいものがあったけれど、何とか撮れました。


 そして早稲田行きホームにいた所も撮影。撮影後、発車寸前の6152に飛び乗りました。その時、乗務員さんに「うまく撮れた?」と声をかけられました。撮影していると現場の職員からは嫌な顔をされることが多く、この時ばかりはちょっとうれしかった。


 車内を見ると、「3月6日は検査のため『一球さん』号は運休します。3月20日にはリフレッシュした姿で運行致します・・・・」と書かれていました。実は臨時検査が入り、外装も塗り替えた上で新たに運転開始となるのです。結果的に、濃い緑の6152の最後の姿を撮ったことになりました。最も使ったフィルムは白黒ではありますが。塗装は大分はげており、前の塗装である黄色が所々見えていたりしました。
 荒川車庫前→早稲田→三ノ輪橋→王子駅前とずっと乗っていたのですが、三ノ輪橋→王子駅前を走行中、熊野前付近で突如制御器から火花が。でもこれは安全装置が働いたので、一旦ビューゲルを降ろして再度立ち上げ、ちょっとバックしてから運転再開となりました。私は王子駅前でお別れしましたが、緑を淡くするとのことで、3月21日も行ってみることにしたのです。

戻る 前に(平成4年3月) 次に(平成5年3月)