戻る 前に(平成5年3月) 次に(平成14年6月)

平成5年11〜12月〜中判カメラで形式写真〜

 夏を過ぎて秋に。大学受験が控えていると言うのに結構鉄道写真撮影を行ったりしていたのです。まずは秋も深まりつつある11月7日に行きました。午前中は営団3000系目当てで春日部等へ行ったが収穫はなし、午後は荒川車庫に行きました。中判カメラは持たず、35o判一眼レフだけでしたが、たまたまトラバーサーに乗っている6152の姿や、また出庫した際、三ノ輪橋方面には「ギャラリー号」の菱形ヘッドマークを付けた8502との並びを撮ることが出来ました。「ギャラリー号」は昭和63年11月の写真コンテストの時に似ていますが、この時は放置自転車追放の「ギャラリー号」となっていたのです。尚、この日は形式写真は撮ることが出来ませんでした。荒川車庫前から大塚駅前の間乗車、録音も行ったのですが、結果的に私にとって動いている6152の乗車はこれが最後となってしまいました。


 12月19日に中判カメラを持って再訪。冬の曇天ですが、使う白黒フィルムはT−MAXからXP2に変え、より高画質かつ悪条件に強いものになりました。現地に到着すると、車庫前は工事のため資材置き場が出来ており、前に出てきた場合は撮影しづらいなあ、と思ったのですが、奥に止まっていた所で何とか撮影は出来ました。系統板はなし、幕は「貸切車」となっていましたが、普段は貸切運用が多いので、これも一応レギュラーな姿、となるのでしょう。しかし、最高となるはずのこの写真も、後で問題点を発見。ビューゲルのロープが、正面付近でわずかにたるんだ状態となっていたのです。ピンと引っ張っているのが良いのですが、これに気付いたのは相当後のことだったので仕方ありません。


 まただめ押しに早稲田方面ホームに停車中の所も撮影。こちらは幕が「早稲田」、系統番号も「32」を付けており、正に営業運転の姿でした。ただ、ホームのスロープに低い仕切りがあり、画面の左下角に入ってしまうので、三脚のエレベーターを上げて少しでも入らないよう撮影しました。エレベーターを上げると振れやすくなるために撮影には慎重さを要するのですが。


 でも、どちらの構図もうまく写っていたことから、これ以後、6152を撮ることはなくなりました。
 尚、その後行われた大学受験ですが、余り勉強した実感はなかったのに、四大は1校合格出来てそこに入学、4年間通いました。自宅から片道2時間も掛かる所ですが。
 6152は平成6年頃から側面の車号脇に銀杏マークを入れてしまいました。元々私はこの銀杏マークは余り好きではありません。そして東京都交通局もこの銀杏マークを用いるようになり、都電にも続々と付けられ、遂に6152にも付いてしまったのです。「動態保存的な6152に付けるとは何事」と思ったのですが、付いたのは平成6年早々らしく、平成5年12月に銀杏マークなしで撮れたのは本当に良かったのです。
 平成6年3月には電車無線の取り付けにより、扉脇に番号も書き加えられました。6152は「93」です。


戻る 前に(平成5年3月) 次に(平成14年6月)