戻る 前に(平成5年11月〜12月) 次に(平成16年8月)

平成14年6月29日
〜「一球さん」さよなら撮影会〜

 私は大学時代遠くへ行って多くの形式写真を撮影してきました。しかし、その中に都電は入っていなかったのです。やはり銀杏マーク付きの6152には魅力を感じず、撮る気がなかったのです。
 そして更に時間は過ぎ去り、平成12年12月に突如運転休止したと言う知らせを鉄道雑誌の記事で知りました。でも、私は当初は楽観視していました。ブレーキシリンダーが一つしかないのなら増やせば良いだけのこと、それに除雪用として直接制御車は必要なはずだから存続するだろう、と。平成13年1月当時はまだ休止した事情を知らないまま荒川線へたまたま見に行ったのですが、停留所の掲示では「車両点検のため1月から当分の間運転中止します」とあり、また荒川車庫にいた6152は排雪器を付けていました。運転中止は平成2年5月など度々あり、「また時期が来たら復活するだろう」と思っていたのです。

 だけれど、事態は思っていたよりも深刻でした。新聞記事に出たのですが、車両自体も老朽化が目立ち始めた、そして都が財政難と言うことで、6152の改修に3000万円掛かるとして廃車することに、更に構内で保存するにも5000万円掛かるとして手放すことになったのです。保存を求める声が多数寄せられたため、さすがに解体はせず譲渡先をインターネットで公募、アメリカなど何件か応募があったのですが、結果荒川区に渡されることになりました。
 惜別として平成14年6月29日に撮影会が行われることになりました。私は当時体調が芳しくなかったのですが、当日は程よい曇天になったので多少無理をしてでも出かけることに。6152はすでに除籍されており本線上には出せず、車庫前に展示として出しておくのみ、そして時間も10時〜11時と13時〜14時の2回だけです。人が沢山来ることが予想されたので、機動性の良い一脚+ニコンF2の標準レンズで撮影することに。なお、当時は新幹線、特にドクターイエローに夢中で、都電に対する関心は低く、当日も程よい曇天だったから出かけたぐらいです。フィルムもISO400のカラーネガです。まあ、もうこの頃となるとカラーネガも15年前に比べてかなり微粒子になっており、写りは格段に良くなったのですが。

 荒川車庫もずいぶん久しぶりで、東側にあった旧営業所建物は解体されて駐車場になっていました。さすがに撮影会とだけあってか撮影にはちゃんと配慮し、1回目はゆっくり形式写真を撮ることが出来ました。ただ、さすがに三脚を立ててじっくりと出来たまでには至らなかったようです。車両の出入りもありましたし。


 ここで、高校時代の鉄研の2年先輩のS氏とばったり出会いました。S氏は高校時代都電に興味があり、私の趣向と合って意気投合、多くの都電の保存車を知ることが出来て私も撮影、時よりS氏と一緒に撮影したりしました。そして都電の保存車に関しては私が「鉄道ピクトリアル」に「都電の保存車を探そう(1993年8月号〜11月号)」と銘打った写真連載を行いました。
 しかしS氏も社会人になり、保存車探訪こそは積極的に行っているものの、都合が合うことが少なくなったために、この日も久しぶりの再会だったのです。
 1回目の撮影会が終了したら6152は一旦トラバーサーまで後退して別の場所に移動。実は6152は平成13年12月20日に除籍されていたのですが、そうであることは私は知りませんでした。そのために、営業線上に出ることが出来ないのです。私はS氏と共に王子のマクドナルドで昼食、飛鳥山公園の6080を見てからS氏は用事のためお別れ。


 私はまだ体力的に多少余裕があったことから、2回目も参加することに。しかし、人数は1回目よりも多く、幾分殺伐としていました。位置を動かしてくれだとか、そうしたら三脚で撮っていた人が困っただとか、更に背景に電柱などが写るだとかで怒号に近い声が発せられる場面もありました。でも、大抵の人はマナーは良く、幾らか演出を行い、旗を立てた他、モールによる装飾も行ったのです。この時6152の後方にも人を入れました。さすがに車庫の奥までには人は入れませんでしたが。
 ここでは「さようなら一球さん号」と「一球さん」の名前が頻りに使われていたのですが、実はその理由を知ったのはその時だったのです。「前照灯が1つだから『一球』」、これを聞いて「なるほど」とようやく納得したのです。でも、路面電車は前照灯が腰部に1灯と言うのが当たり前だと思っていたので、気がつくのが長いこと遅れたのです。実際、腰部1灯のみと言うのは今でも結構ありますし。都電では昭和53年のワンマン化以後、1灯の車が6152のみ(乙6000形も昭和56年まではあったが)になったからそう呼ばれるようになったのでしょう。
 また、営業所前では6152の惜別バスカード2枚組(パスネットに非ず)やDVDなど色々と売られていたのですが、当時私は都電に対する関心は低く、買いませんでした。DVDは一般市販品なのでその後家電量販店で購入、惜別回数線やブリキのおもちゃは平成16年まで売れ残っていたでそれも購入したのですが、今思えば「もっと買っておけば良かったな」と思いました。
 撮影会の結果は上々、6152の東京都交通局時代の撮影は、私としては正真正銘これが最後となったのですが、実はあらかわ遊園に展示されるまでに撮影会は2回も追加実施されたのです。まず10月5日、「荒川線の日」を記念して追加実施。そして最後は平成15年1月25日。その時は惜別の系統版を付けたり、7504も顔を出したりしており、もしその時都電に対する関心があれば間違いなく行ったのに、と。まあ、1月26日が大好きなアニメ「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!!」の最終回、つまり地上波での「どれみ」の真の最終回が放映された日だったので、それどころではなかったのも事実ですが。

戻る 前に(平成5年11月〜12月) 次に(平成16年8月)