21-100
21-100 1994.4.16
車番:21-100
場所:昭島市民図書館つつじが丘分室
(新幹線図書館)
製造日:1973.9.29,16次
最終編成番号:Y45
住所:東京都昭島市
アクセス:JR青梅線中神、昭島駅 各歩10分

カスタム検索

1973年、山陽新幹線博多開業に向けて用意された車両で、方向幕などを備えた0系0番台後期の車両。当初は「ひかり」用、後に「こだま」用となる。

1991年春、昭島市は新幹線車両を図書館に活用することを決め、JR東海から1991年秋に廃車された同車を購入、翌年3月に昭島市に運ばれた。その際、JRのロゴ(晩年は車号脇にオレンジ色で小さいJRロゴがあった)は除去された。車内には座席を撤去して書架が設置されたが、一部座席は閲覧用として残した。座席は簡易リクライニング式、大きな机もあることから閲覧に適している。空調には家庭用クーラーが取り付けられた。

新幹線図書館はつつじケ丘ハイツ内の公園にあり、青梅線の中神・拝島駅から共に徒歩10分。開館時間は毎週水・金の13時半〜16時半、祝日は休み。外観の見学だけなら常時見学可能、入園無料。よく手入れがなされていて、現在も状態が良いが、車両には屋根もなく、今後の痛みが心配される。最近、乗務員室扉が元Yk 38編成のものに交換されたらしい。JR東海から使える部品を後年供与されたことが伺える。

(最新確認日・1999.10)

戻る