21-141
21-141 2003.10.19
車番:21-141
場所:四国鉄道文化館
(JR四国多度津工場から移転)
【写真は旧状】
製造日:1976.6.22,21次
最終編成番号:Q2
住所:愛媛県西条市大町
アクセス:JR伊予西条駅すぐ

カスタム検索

昭和51年、異常時の予備としての「ひかり」編成で作られた21次車のうちの1両。長いことH94編成の先頭に立った。0系大窓車としては最後に作られたうちの1両でもある。

平成9年までずっとH94編成の先頭に立っていたが、平成9年6月には一気に短い4両編成のR52(→Q2)編成の先頭となった。以後、平成12年10月まで活躍し続けた。

廃車後、21-141は車体半分に切断の上、海上輸送などを経てJR四国多度津工場に譲渡された。

多度津工場での設置は暫定的なものであり、平成19年秋に伊予西条に隣接する「鉄道歴史パーク in SAIJO」内の「四国鉄道文化館」に移設された。これは新幹線建設で大きな功績を残した十河信二氏が新居浜出身(西条市の隣)と言うことであり、十河信二記念館を西条市或いは新居浜市に建設する構想があったことから、すでに廃車前の平成12年3月にはJR西日本に打診して保存が決まっていた。この記念館に保存する目的で、廃車後すぐ車体を半分に切断したらしい。

なお、四国鉄道文化館では他にDF50 1も保存されているが、こちらは1両そのまま、かつJR四国の車籍はまだ抹消されていない。多度津工場保存時は動態保存がされており、四国鉄道文化館から予讃線へは線路がつながっているらしい。

(最新確認日・2003.10.19 新幹線ギャラリー氏による)

戻る