21-25
21-25 2007
車番:21-25
場所:鉄道博物館
(交通博物館から移設)
製造日:1964.4.28,1次
最終編成番号:H25
住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3
アクセス:さいたま新都市交通鉄道博物館駅下車すぐ

カスタム検索

新幹線開業時から活躍し続けた車両で、1978年3月に廃車。浜松工場で車体を切断、トラック輸送で1978年5月に秋葉原にある交通博物館に設置。隣には蒸気機関車D51 426の先頭部があり、正しく対照的な“並び”となっていた。交通博物館展示当時、開館中は常に前照灯が点灯しているが、現役時代のような明るさはない。

交通博物館展示当時は時折塗り直しが行われ(最近では2001年3月、2003年10月に塗り替え)、良好な状態を保っていた。運転台への階段はあるが、中には入れない。

交通博物館は2006年5月14日で閉館、しばらく囲いが出来た後、大宮に2007年開館した鉄道博物館に移設。ただしその際車両の整備は行われず、屋外展示されていた当時の汚れ等がそのまま残った形となった。鉄道博物館では周囲に開業当初の東京駅ホームが再現された。開業当初のホーム屋根下行き先案内表示(幕式)やホーム床下の通路も表現されている。運転台室内は灯が点いているが、車内に入ることは出来ない。

ちなみに、交通博物館にはかつては0系の車内(複製品らしい)が設置されていたが、その後撤去された。

(最新確認日・2008.4)


21-25(交通博物館設置当時)
21-25
(交通博物館設置当時)

1992.4.8

戻る