21-59
21-59 2002.8.24 撮影:松田 忠則
車番:21-59
場所:新通町公園
製造日:1968.3.10,7次
最終編成番号:K11
住所:静岡県富士市中央町
アクセス:富士駅からバス「吉原中央駅」歩6分、他

カスタム検索

1968年10月ダイヤ改正時の「こだま」輸送力増強に向けて、同年製造された。終始「こだま」用編成で活躍、1983年2月に廃車され、翌月同所に搬入された。同所は“富士ミニSL鉄道園”とも言う。

当初は屋根がなかったが、後に付けられた。時々手入れもされて、状態は良く見える。ゴミ投棄防止のため、床下の周囲は金網が張られている。車内公開は土・日・祝日の10時〜15時に行われている。運転台見学がスムーズに行くよう、運転台背面の仕切りは、助手席側の他、運転席側にも通路が設けられた。

車体の周囲にはミニSLの線路が走る他、TR23(DT12)形台車、密着連結器、転轍機標識、腕木式信号機の実物が展示してある。

同園は富士地方裁判所の裏手にあり、目の前にバス停もあるが、本数や系統の問題から、富士駅から吉原中央駅(バス停)まで行き、南へ4分ほど歩くのが無難だろう。岳南鉄道の吉原本町駅から徒歩15分で行くことも出来る。入園無料、常時開放。

(最新確認日・2002.8.24、松田 忠則氏による)


 なお、平成11年(1999年)4月に放送されたNHK静岡放送局製作「列島スペシャル・ああ夢の超特急」において、番組のクライマックスとして、静岡市在住で開業時から新幹線を運転したうちの一人・川崎由蔵さん(平成11年時点で67歳)を取材された際、スタッフがここへ案内。それを見た川崎さんが「Kの11だ」と即座に口にして、12年振りに運転台に上がったら「戸閉め点・信号70・時刻良し」と現役時代を思い出して、段々と目頭が熱くなったと言う場面がありました。
 番組のスタッフがこの富士市の21-59の存在を知ったのは、実はこのページによるものであり、後で構成の筒井宏治さん(平成11年当時静岡放送局勤務)から直接メールを頂きました。
 ちなみに川崎さんは平成20年現在も76歳でお元気でおられるようで、平成20年8月に発売となったムック「The0系新幹線」でインタビューを受け、記事となりました。それには川崎さんが開業時の訓練からの思い出も綴られていました。
 なお、NHKアーカイブス保存番組による情報はこちら(ただし公開ライブラリーではありません)

戻る