21-7038
21-7038 2006.7 撮影:播磨観光タクシー
車番:21-7038
場所:神戸海洋博物館
「カワサキワールド」
製造日:1985.2.13,36次
最終編成番号:R18
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町
アクセス:地下鉄海岸線みなと元町駅から徒歩5分、または高速花隈駅から徒歩10分、元町駅から徒歩12分

カスタム検索

昭和60年2月、21-2026として誕生したもので、当初はSk14編成の先頭だったが、翌年山陽「こだま」6両編成のR6編成の先頭として立った。以後黙々と山陽「こだま」の先頭として活躍し続け、平成10年にアコモ改造で21-7038となり、R18編成の先頭となった。生涯のほとんどをR編成の先頭で走り続けた希有な車両である。

平成14年以降、山陽「こだま」がほとんど2+2になるに際し、R編成の2+3アコモ改善車は続々と廃車になっていったが、平成16年度末で全廃予定だったのが、平成17年3月10日が山陽新幹線岡山〜博多間開業30周年を迎えるに際し、R10編成と共に「0系ひかり」として使われることとなった。実際はR10編成こそ車体部の白と青の塗り替えが行われたが、R18編成は部分的な塗りつぶしにとどまり、3月10日の上下列車運転日の下り列車のみに使われ、あとは予備として待機していたが(後の運転日は下りのみ)、「0系ひかり」運用終了後もR10編成と共に予備車として残り、R10編成は平成17年8月19日に廃車となったものの、R18編成は翌平成18年3月3日まで残存した。

その一方で、神戸海洋博物館では1階展示ホールの展示企業を募っていたが、平成17年11月に川崎重工と決まり、ヘリコプターやバイクの他、この21-7038も展示対象となった。21-7038は川崎重工製だったことが幸いしたが、場所の関係上前半分となった。平成18年5月17日に「カワサキワールド」としてオープン、運転台や車内が公開された。アコモ改善車では唯一の保存車で、これはこれで価値があると言えよう。台車は履いているかどうか分からないが、同車のものと思われる台車が脇に別に展示されている。

(最新確認日・2006.7 播磨観光タクシー氏等による)

戻る