22-2
22-2 1994.3.25
車番:22-2
場所:JR西日本社員研修センター
製造日:1964.7.24,1次
最終編成番号:H2
住所:大阪府吹田市
アクセス:東海道線(JR京都線)吹田駅歩15分

カスタム検索

量産第1号の先頭車で、1964年製、N2(日本車輌第2編成)→H2(「ひかり」の第2編成)の先頭となった(※一部誤解があるが、開業1番列車に使われた車両ではない。一番列車は21-26ら12連)。開業直後以外は「ひかり」で活躍することがほとんどだった。1977年廃車。廃車後、先頭車2両が関西鉄道学園(当時)に教習用として活用されることになり、1978年3月に鳥飼基地から搬出、設置された。

1987年のJR化後、同園は現在名称となり、新幹線電車も引続き研修に活用されることになった。建物の中にしっかり置かれているので、外から見ることは出来ない。車両の状態は良いが、屋外の風を浴びるのか、少々埃にまみれていた。各々の機器類には名称の書かれたシールが貼られている。通常非公開(写真は研修センターの許可を得て撮影)。
(社員検修センターでの最新確認日・1994.3.25)

同車は21-2と共に長らくこの地で保管され続けてきたが、平成20年夏に21-2が埼玉県さいたま市大宮区の鉄道博物館に移設保存されたのに対し、同車はどうもこのまま解体された模様。同車の部品がその直後に交通科学博物館で行われた0系の特設展で展示されたのでその可能性が高い。

戻る