22-37
22-37他 1983.3 撮影:おざよう
車番:21-37,22-37,35-73,26-73【解体】
場所:中央鉄道学園
製造日:1965.5.26,3次
最終編成番号:H33
住所:東京都国分寺市
アクセス:

カスタム検索

昭和40年、増備のため10編成追加された3次車のうちのS7編成の4両。当初は1・2次車と同じく「ひかり」「こだま」共用編成だったのだが、昭和41年の4・5次車増備に伴い、「こだま」編成となった。だが16両化の際、再び「ひかり」編成のH33編成となり、短期間ではあるが東京〜博多間を「ひかり」号として走行した。

昭和54年の廃車後、21,26,35.22形の4両は中央鉄道学園に搬入、教材として使用された。設置は4両編成となり、21,26形は屋内、35形は一部屋外、22形は屋外に設置された。

だが、昭和62年の国鉄分割民営化に伴い中央鉄道学園は閉鎖、車体はしばらく放置状態が続いたが、やがて解体された。

(最新確認日・1983.3)

戻る