22-56
22-56(大正駅設置当時) 1994.8.8
車番:22-56
場所:ワインの国
製造日:1967.8.21,6次
最終編成番号:K34
住所:北海道中川郡池田町字昭栄49-6
アクセス:JR根室本線池田駅歩40分

カスタム検索

1967年の「こだま」輸送力増強に向けて製造されたもので、列車(座席)指定板枠が廃止された最初のものである。1982年2月の廃車後、浜松工場からトレーラー、航送などで北海道帯広市に運ばれた。これは北方圏農林博「グリンピア '82十勝博」に関連したものである。

しばらくは帯広市緑ケ丘公園(帯広駅の南西約1km)に展示されたが、1990年前後に旧大正駅に移動された。大正駅展示当時は、構内の広尾方に置かれ、あたかも線路上に乗せられていた感じである。床下は青い板で覆われているが、これはおそらく積雪による機器の腐食防止のためと思われる。反対側には新たに階段とホームが付けられ、車内に入ることが可能だが、筆者が訪れた時には車内に入ることが出来なかった。当時、車両の状態は、比較的良く保たれている印象を受けたが、よく眺めると度々の再塗装により表面が凸凹していた。

1996〜97年にかけて、旧大正駅付近の再開発のため、駅舎やホームは解体された。0系も解体される運命にあったが、前1/3は池田町の「ワインの国(←ワインの里)」に移設された。同所は池田駅から道道73号(旧517号)線を豊頃方面へ歩40分。「ワインの国」は格安の民宿であり、新幹線電車は道道沿いの目印となっている。

(最新確認日・1994.8.8、旧大正駅設置当時)

戻る