22-73
22-73 1994.9.7
車番:22-73 【解体】
場所:宜野湾海浜公園
製造日:1969.7.23,10次
最終編成番号:K16
住所:沖縄県宜野湾市真志喜
アクセス:那覇空港からバス「コンベンションセンター前」すぐ、または「真志喜」バス停歩10分ほど

カスタム検索

1969年、「こだま」日本万国博覧会輸送対策用として製造されたもので、1984年10月に廃車、海上輸送を経て同所に搬入された。なお、反対側の先頭車21−73は、同所から約1130km離れた大阪府摂津市の新幹線公園に保存されている。

周囲は有刺鉄線付きの金網柵に囲まれ、また車体の右側にはホームも取りつけられ、中に入れるようになっているが、筆者が訪れた時には扉が閉まっており、開けることが出来なかった。また、屋根もなく、なおかつ海に近いので、雨と潮風により車体の腐食が進んでいる。0系保存車の中では、最も状態が悪いと言える。

柵の中には門を経て入ることが出来る。詳しいことは分からなかったが、おそらく昼間行けば間違いないと思われる。車体の右側にはコンクリート製のホームが据えつけられ、車内に入れるようになってはいるが、筆者が訪れた時は扉が開かなかった。公園自体は夜間閉鎖するようだ。

宜野湾海浜公園内には市立グラウンド、体育館、野球場、コンベンションセンターなどかある。

近くにはコンベンションセンター前バス停があり、120系統空港リゾート西線(那覇空港〜名護バスターミナル間・沖縄バスと琉球バスの共同運行)や75系統宜野湾市内線(国道58号と国道330号を結ぶ宜野湾市内循環路線、琉球バスの運行)などが通るが、いずれも1時間に1本程度と少ない。だが、国道58号線にはバスが頻繁に通っており(特に那覇バスターミナル〜名護、コザ、石川間など)、同道上の真志喜バス停から徒歩15分ほどで行くことが出来る。付近のバス停へは、那覇空港や那覇バスターミナルからは約45分、500円前後。(バス路線は1994年9月現在)

(最新確認日・1994.9.7)

【注意】 同車は平成10年12月28〜30日にかけて解体、撤去された。


戻る