221-1,237-1
221-1,237-1 2002.5.16 撮影:新幹線ギャラリー
車番:221-1,237-1
場所:JR東日本新幹線総合車両センター
製造日:1980
最終編成番号:F30
住所:宮城県宮城郡利府町利府字新谷地脇
アクセス:東北本線(利府支線)新利府駅下車すぐ

カスタム検索

1980年秋、東北新幹線開業用車として製造されたうちの2両。1982年6月の東北新幹線開業以来、東北・上越新幹線で使用された。

当初は最高時速210kmのE1編成として使われていたが、1993年に屋根上の引き通しが行われ、最高時速240kmのF30編成となった。編成自体は、号車の入替が行われただけで、車両の編成間の移動は最後まで行われなかった。

2000年末の廃車後、221-1,215-1,237-1,222-1の4両が解体されることなくJR東日本仙台総合車両所(→新幹線総合車両センター)に留置。当初は222-1が鉄道博物館保存車両として指定されたが、諸事情から222-35に変更、一方で221-1と237-1は仙台総合車両所の正式な保存車として簡単な整備が行われ、玄関前の車両保存広場に961形や952,953形(STAR21)と共に設置、保存された。

ただし根本的な整備は行われず、塗装を塗ったのみで状態は良くなく、また正面窓隅は固定窓化された状態のままの晩年の姿となっている。屋外展示であり、アルミ車体のためにさすがに錆こそは目立たないものの、根本的な整備が臨まれる。

尚、仙台総合車両所に保存前提で留置された他の車両(222-1,215-1,248-1,249-1)はどうやら平成21年3月に解体された模様。

(最新確認日・2007.8、新幹線ギャラリー氏による)

戻る