500-901
500-901 2001.8.17 撮影:あすてぃ
車番:500-901
場所:風洞技術センター
製造日:1992.8.6
住所:滋賀県坂田郡米原町
アクセス:JR米原駅近く

カスタム検索

1992年8月、時速350kmの営業運転を目指して製作された500系の試作車。通称「WIN350」の6両編成のうちの先頭車。

高速試験の結果、1992年8月6日には時速345.8km、そして8月8日には時速350.4kmを達成。速度的には「STAR21」に及ばないが、それは試験の結果が即営業運転に活用するための試験と思われる。

一連の試験終了後、1996年5月31日に廃車となったが、その結果は500系量産車に活かされた。

高速試験車は固定資産税が非課税に出来る代わりに試験終了後の営業車への転用は出来ないため寿命が来ることなく廃車となったが、保存を求める声が多く、952形と共に米原の鉄道技術研究所風洞技術センターに保存された。当初は屋根がなかったが、痛みから守るために後年上屋根が付けられた。

通常は非公開だが、新幹線の車窓や沿道から眺めることは可能。また毎年10月の「鉄道の日」などで一般公開されることがあり、その際は非常に多くの人で賑わう。

(最新確認日・2002.8.3)

戻る