500-906
500-901 2003.7.20
車番:500-906
場所:博多総合車両所
製造日:1992.8.6
住所:福岡県筑紫郡那珂川町
アクセス:JR博多南駅から徒歩20分

カスタム検索

1992年8月、時速350kmの営業運転を目指して製作された500系の試作車。通称「WIN350」の6両編成のうちの先頭車。

500-901同様、高速試験の結果、1992年8月6日には時速345.8km、そして8月8日には時速350.4kmを達成。速度的には「STAR21」に及ばないが、それは試験の結果が即営業運転に活用するための試験と思われる。

一連の試験終了後、1996年5月31日に廃車となったが、その結果は500系量産車に活かされた。

500-906は交通科学博物館に展示されることを前提として長らく博多総合車両所に留置されてきたが、長い間の留置で車体が痛んできた。しかし、平成15年の博多総合車両所一般公開「サマーファミリーフェア」に際し車体を修復、再塗装の上一般公開を行なった。公開の際、尾灯が点灯するように調整された。

通常は非公開。交通科学博物館に移設するかどうかは現時点では全く不明。

(最新確認日・2003.7.20)


戻る