911-2
911-2 1998.7.25
車番:911-2
場所:JR東海浜松工場
製造日:1965.
住所:静岡県浜松市
アクセス:浜松駅からバス

カスタム検索

911形は昭和39年、新幹線の救援用として製造されたもので、DD51と同じ方式だが、時速95kmと160kmの2段式になっている。同車は1965製の2次車で、エンジンがDML61Z形(1100ps)×2基となっている。実際救援用として使用されたことはなく、当初は軌道試験車921形、後に工事用車両の牽引に使われた。

同車は911形のうち最後まで車籍を有した1両で、1995年に廃車になっている。正面屋根には副灯が増設されている。所属表記は「浜レ」。

廃車後は浜松工場に保管され、1998,1999,2000年の浜松工場一般公開時に展示された。しかし近年は公開時でも一般公開されず、解体されたとの情報もある。

(最新確認日・2000.8.5)


戻る