951-1
951-1 1994.12.10
車番:951-1
場所:ひかりプラザ
製造日:1969.3.26
住所:東京都国分寺市光町
アクセス:JR中央線国立駅歩7分

カスタム検索

951形は1969年、山陽新幹線の試験車として2両1編成が製造されたもので、1972年2月24日には走行試験で時速286km/h(新神戸〜西明石間)を記録した。951-1は川崎車輌(現:川崎重工)製である。

1980年には廃車されたが、解体されることなく鉄道技術研究所(現:鉄道総合技術研究所)に搬入、車両試験台に乗る実験車両として使用されることとなった。しかし、車両試験台に乗るのは相棒の951-2のみで、951-1は車両試験台のある建物から半分はみ出る形で置かれていた。

1991年、951-1のみ国分寺市に無償譲渡された。その後しばらくは鉄道総合技術研究所内で「保管」されていたが、1994年には鉄道総合技術研究所の正門前に移設、「新幹線資料館」が開設された。車内は座席が一部分残された他、模型や記念プレートなどを展示するようになった。連結面は多少改造され、車椅子昇降用のリフトが設置された。隣接する建物は「ひかりプラザ」と名付けられた。

951-1は道沿いにありいつでも見られるが、車内公開は10時〜17時、第2・4月曜と年末年始を除く毎日、入場無料。場所はJR国立駅北口(国分寺駅ではない)から徒歩7分、鉄道総合技術研究所の正門脇にある。

(最新確認日・1999.4.15)

戻る