951-2
951-2 1995.10.14
車番:951-2 【解体】
場所:鉄道総合技術研究所
製造日:1969.3.26
住所:東京都国分寺市光町
アクセス:JR中央線国立駅歩7分

カスタム検索

1969年製で、こちらは日本車輌製。1972年には走行試験で時速286km/hを記録。1980年の廃車後は鉄道技術研究所(現:鉄道総合技術研究所)に運ばれ、車両試験台の上に乗せられた。

車両試験台とは、車輪の下に回転するローラーがあり、走行状態を、車両を動かさずとも実現出来る装置であり、同所では昭和35年以来数々の実験が行われた。1979年以降は951-2が試験台に乗り続けることが多く、新型台車などの開発に役立てた。

なお、現在では別の所に新しい車両試験台があり、951-2の乗っている車両試験台は余り使われていない。

鉄道総合技術研究所は、以前は毎年10月の第2土曜日に「平兵衛まつり」により一般公開され、同車も見ることが可能だった。車両試験台に乗っている時代には車内にも入ることが出来た。実験中は前照灯、光前頭が点灯するようになっている他、室内灯も点灯した。

(最新確認日・1999.4.15)

(追記)最近になって屋外に留置されるようになった。塗装が剥がれ掛かっているが、車体がアルミ合金製のために錆びて状態が悪くなると言うことはなかった。しかし平成20年1月、遂に敷地内でひっそりと解体された。

戻る