目次 ←前へ 次へ→




1−2:形式の付け方

2両1ユニットで、M車(下り方、洗面所付き)は下1桁が奇数、M’車(上り方、パンタグラフ付き)は下1桁が偶数となっている。

 例 26−383

左の2桁の数字が形式、右の数字(1〜4桁)が車号である。

0系電車の車両形式
番号内容
1等車(グリーン車)
2等車(普通車)
ビュフェ車・食堂車
下り方先頭車(洗面所付き)
上り方先頭車(パンタグラフ付き)
中間車(洗面所付き)
中間車(パンタグラフ付き)
中間車(洗面所、身障者設備付き)

車号は、基本的には製造番号と考えて良いが、0番台、1000番台などで区分、更にもう一つ細かい区分として200番台、400番台などがある。


※余談・形式の他の区分


その他の車両形式
番号内容
2階建てグリーン車
2階建て食堂車
2階建てグリーン・普通合造車
下り方先頭車(洗面所付き、モーターなし)
上り方先頭車(洗面所なし、モーターなし)
中間車(洗面所なし、モーターなし)
中間車(洗面所あり、モーターなし)

0系では全車電動車であり、3、4、8、9が空きになっていたのはこういうこと。ただし、最近の500系などでは、必ずしもこの原則に当てはまっていない。

また、200・100系以降は百の位がある。0系では試作的な意味合いがあり、0と名付けられたが、百の位の0が省略されて、21形などと呼んでいる。百の位は、8は貨物用(予定)、9は事業用として付けられた。しかし実際は8は九州新幹線の800系に使われた。800系を以て百の位は埋まってしまったが(600系は予定はされていたが、結局はE1系となったために空いている)、700系の次世代車両は「N700」で、十の位を7(グリーン車)、8(普通車)にすることで対処している。2階建て車両と専用形式が必要な供食設備車が東海道・山陽新幹線からなくなったために出来たことである。



目次 ←前へ 次へ→