目次 ←前へ 次へ→

4−11:LCXアンテナ

平成元年3月、東海道区間(東京〜六甲トンネル)でLCX(漏洩同軸ケーブル)を使用開始。それに先駆け、昭和61年以降、21形の側面スカートにLCXアンテナが付けられた。スカートを切り欠き、そこに艶のある板を取り付ける形となった。

だが、かつて山陽区間専用のR編成に使われている21形には、原則としてLCXを使わないためか、切り欠きが非常に小さく、申し訳程度にLCXアンテナらしきものが付いていた車両もあった。



上段:通常タイプ、下段:JR西日本R編成の一部(現在は見られない)





目次 ←前へ 次へ→