目次 ←前へ 次へ→

4−14:車号表記

原則として車体の東京寄り下部に表記している。書体は明治以来の伝統的なものを受け継いでいるが、金属板の打ち抜き文字としている。パンタグラフ付き中間車は東京寄り扉の客室側に、洗面台付き車については、0番台と1000番台は洗面台部分、2000番台は東京寄り扉の客室側に付けられた。22形の場合は全車ボンネット部分に車号が表記されている。

だが、「ウエストひかり」用の一部車両では、22形も東京寄り扉の客室部に車号が表記されていることがある。現在分かっている所では、Sk 5編成の22-5001と、Sk 25編成の22-7005の2両がそれ。なぜ車号表記が移設されたかどうかは不明。また移設時期は、平成6年当時は元の位置だったので、近年と思われる。


左:22-2029の車号位置 右:22-7005の車号位置




目次 ←前へ 次へ→