目次 ←前へ 次へ→

4−17:客用扉

客用扉は高速運転中に開閉しないようになっている。以前は車掌室のスイッチを押すと開く可能性があったが、22次車以降は時速30km以上では絶対開かない仕組みとされた。

客用扉は空気が漏れやすい個所のため、扉が閉まると、コロにより扉が外側に押しつけられ、しっかり密閉するようにした。しかし、JR化後、三島駅で見送り客が扉に服が挟まれてそのまま引きずられて死亡する事故があったことから、それ以降、時速30km程度までは扉を外側に押しつけない仕組みに変更された。


1等車(グリーン車)の扉枠は金色となっている。おそらく真鍮の地であると考えられるが、2等車(普通車)が外装と同じなので、非常に目立つものとなっている。



目次 ←前へ 次へ→