目次 ←前へ 次へ→

5−7:売店(25-400等)

昭和44年、「こだま」の座席数を増やす、ビュフェ要員の節約などのために、ビュフェを1両にして、代わりに売店車を編成に組み込んだ。35形の売店室だけを入れた形となった。売店には電話も付けられており、通路を挟んだ反対側には車販準備室も設けられた。25-400番台が多く製造された他、1400番台、2400番台も1両ずつ製造された。

昭和61年以降、山陽「こだま」の6両化に伴い、400番台系統とは別に、改造車による売店車が誕生した。25形1904,2900番台,3300番台がそれ。しかし、売店はさほど機能せず、併設された車販準備室が活用された。



目次 ←前へ 次へ→