目次 ←前へ 次へ→




90−2:951形(951-1,2)

東海道新幹線の開業時、すでに次期車両の開発に取りかかっていた。山陽新幹線の延伸に伴い、時速250km運転を目指して開発が進められ、昭和44年3月、951形試作電車が登場した。2両背中合わせである。

主電動機出力を250KWと30%増、軸重増加を抑えるため、車体はアルミ合金製となった。制御方式もサイリスタ−チョッパによる連続制御方式で、車輪径も910mmから1000mmに拡大、車軸も10%太いものとなった。台車は三度試作された。床下はボディーマウント方式で機器類は全て覆った。正面の流線型も0系と比べて長いものになり、流線型上部の機器搬入口(蓋)も大きいものとなった。また定速度運転制御方式が試験開始後追加され、運転台のノッチは時速を示すものとした。座席は転換式だが、0系のものとは多少異なったものとなった。形式はW-13(二人掛け),W-71(三人掛け)。

昭和44年4月から新大阪〜米原間などで新技術の機器類試験が行われた後、昭和45年2月からは速度向上試験を開始、昭和47年2月24日、開業前の山陽新幹線相生〜姫路間の上り線で時速286kmを記録した。

961形の完成により使われなくなり、昭和54年に廃車。廃車後は鉄道技術研究所(東京都国分寺市、国立駅の近く)で車両試験台の上に乗り、利用されることとなった。車両試験台上には951−2が主に乗り、951−1は用途がなかったが、平成3年に国分寺市に譲渡、平成6年には鉄道総合技術研究所すぐ近くの「ひかりプラザ」に移動、展示された。

※鉄道技術研究所は、国鉄分割民営化の1年前に鉄道総合技術研究所に再編された。

951形諸元

形式 951
番号
自重 61.0 t 62.5 t
主要寸法 最大長 25150 mm
最大幅 3386 mm
最大高 4490 mm
台車中心間距離 17500 mm
台車 形式 DT9011
軸距 2500 mm
車輪径 1000 mm
連続定格 架線電圧 AC25KV (60Hz)
出力 2000KW
速度 220km/h
最大許容速度 210km/h 以上
主電動機 形式 MT916,MT917
個数 4
出力 250 KW
定格電流電圧 650V,420A
歯車比 27 : 56 = 1 : 2.07
主変圧器 形式 TM917
定格容量 1次2410KVA
2次2260KVA
3次150KVA
2次電圧電流 1856V(464×4),1220A
主整流器 形式 RS906形主シリコン制御整流機
(混合ブリッジ4段接続)
定格出力 2200KW
定格電圧電流 1300V 1680A
電動発電機 形式 MH1900-DM902
出力 25KVA
相数・電圧 2相 100V

力行制御方式 サイリスタ連続位相制御/定速運転制御
ブレーキ制御方式 ATC制御および手動制御チョッパ発電ブレーキ
渦電流式レールブレーキ
ブレーキ方式
SEA発電ブレーキ併用電磁油圧ブレーキ及び
渦電流式レールブレーキ
空気圧縮機 形式 MH1916-AK900
容量
製造年 昭和43年




目次 ←前へ 次へ→