目次 ←前へ 次へ→




90−3:961形(961-1〜6)

東北・上越新幹線の建設が決定した等、今後の整備新幹線建設に際し、車両のあり方を示すべく961形が製造された。951形の試験結果を反映した形としている。6両編成で、新幹線電車としては始めて座席1行分の小窓が採用された。

電動機出力は更に上昇し、当時の限度である275KWとなり、最高速度も260km/h以上の設計となった。東日本地区でも走るため、交流25000Vは変わらないが、50Hz,60Hzの複周波数対応となった。

寒冷地を走るべく、車内一角の外気取り入れ口には雪切室が設けられた。雪切室はすでに北海道で走る711系近郊形電車で実用化されている技術ではある。また空気調和装置は、ヒートポンプでは寒冷地では能力不足と判断、天井両端には冷房装置が付けられ、暖房はヒーターが付けられた。

運転台には車上ミニコンピューターシステム(ATOMIC)が設置、またキャラクタディスプレイ(CRT方式、文字情報装置)で車両情報が即時に運転手に伝わるようにしている。

流線型は951形よりも短くはなったが、流線型上部の機器搬入口が2つに別れて設置されいる。光前頭は蛍光灯を埋め込み、光るようにした。正面スカートには何もなかったが、小山試験線転属に向け、961-1正面スカートに排雪器が付けられた。この排雪器は962形や200系に採用された。

6両編成のうち、1、2、6号車は普通車座席で、転換式のW-14(二人掛け)、W-72(三人掛け)が並べられた。3号車は食堂車で、36形の先行として製造されたが、厨房部が広く、食堂座席数が少ない。4号車は寝台車であり、一人用寝台個室や普通の二段寝台、昼行用の6人用個室など様々な形態が作られた。5号車は幅4mの開口部を設け、車両の剛性と乗り心地との関係を調べるため、わざと剛性を低下、様々な補強材を入れて耐久試験を行った。将来的には電気軌道総合試験車に改造出来る構造とした(実現せず)。

昭和48年の完成後、山陽新幹線の岡山〜博多間で試験を行うこととなっていたが、用地買収の難航で線路が完成せず、結局山陽新幹線ではろくに走行試験を行うことが出来なかった。昭和54年以降、東北新幹線の小山試験線で使うべく、浜松工場で必要機器取り付け改造の上、大井車両基地から陸送、小山に搬入された。青と白の塗装のまま小山試験線で走行試験を繰り返し、昭和54年12月7日に時速319kmの電車世界最高速度を記録した。昭和54年には緑と白の962形も製造、共に東北新幹線開業前まで働いた。

昭和57年の開業後、緑の962形は925形10番台に改造されて、921形を組み込んで電気軌道総合試験車となったが、青の961形は改造されなかった。青のまま仙台の車両基地に置かれていたが、出番はなかった。当時行われていた速度向上の試験には925形を使った(軌道試験車抜き)ためである。国鉄分割民営化後、961形はJR東日本の所属となったが、出番はないまま平成2年に廃車となった。中間車は解体、先頭車は緑と白の塗装に改められた上、仙台総合車両所(後の新幹線総合車両センター)の玄関脇に保存されている。

961形諸元

形式 961
番号
自重 59.0 t
58.0 t
59.0 t 61.0 t 53.0 t 61.0 t
主要寸法 最大長 25150 mm 25000 mm 25150 mm
最大幅 3385 mm
最大高 4360 mm 4490 mm 4477 mm 4490 mm 4374 mm 4490 mm
台車中心間距離 17500 mm
台車 形式 DT9013

DT9013及び
DT9013A
DT9013
軸距 2500 mm
車輪径 980 mm
連続定格 架線電圧 AC25KV (50/60Hz)
出力 1100KW/両
速度 205km/h
最高速度 260km/h 以上
主電動機 形式 MT920
MT920,MT920A MT920
個数
出力 275 KW
駆動方式 1段歯車減速中空駆動軸平行カルダン駆動
歯車比 1 : 2.40
主変圧器 形式 TM920
TM920
TM920
定格容量 2500 KVA 2500 KVA 2500 KVA
主整流器 形式 RS926 RS926 RS926
定格容量 2440 KVA 2440 KVA 2440 KVA
電動発電機 発電方式
回転界磁式
回転界磁式
回転界磁式
定格容量
250(200)KVA
250(200)KVA
250(200)KVA
力行制御方式 不等5分割サイリスタ積重ね連続位相制御
ブレーキ方式 ATC・ATOMICによる自動制御および手動制御
チョッパ式発電ブレーキ併用電気指令空気ブレーキ
空気圧縮機 形式 MT3920-TC1000A
MT3920-TC1000A
MT3920-TC1000A
個数


容量 1000(l/min)
1000(l/min)
1000(l/min)
冷房装置 形式 AU62 AU94 AU94 AU62
個数 1 2 1
冷房容量 2250 45000 kcal/h 45000 2250
暖房装置 形式 AU62 HE920,HE922,HE923 2他と同じ AU62
個数 1 9 15 11 22 12 1
暖房容量 1800 7700W 12200W
8800W
10250W

9550W 1800
製造年 昭和48年




目次 ←前へ 次へ→