営団丸ノ内線の赤い電車
Red tren de la línea Marunouchi
このページは[さかぽよすのページ]内のコンテンツです。
管理人:さかぽよす

おことわり:当サイトでは、赤い電車につきましては1954年~1996年まで帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に在籍した300~900形と分岐線100形、2000形のみを取り扱い、2018年に登場した新2000系については取り上げる予定はございません。なお、銀色に赤帯の02系は取り上げます。

Búsqueda de la palabra "Subte de Buenos Aires", "Metrovías S.A.", "Línea B" a los que visitó con.
Esta página es el contenido de la era japonesa de la circulación del tren en la línea B, está escrita en japonés. Japonesa a la traducción española por la cantidad tan difícil de todos modos, para poder ver este contenido le recomendamos que utilice una máquina de traducción del japonés al español.
Una advertencia: En Japón sin llamar a la "Mitsubishi", hacer referencia a su organización y el número (formato). Por lo tanto, lo que se conoce como un "Mitsubishi" en Argentina será "Eidan tipo 500".


・公式パンフレットでみる
東京地下鉄 車両のあゆみ (NEKO MOOK)

2016年9月30日発売

【商品紹介より】1927(昭和2)年12月、わずか10両でスタートを切った東京地下鉄道は、以後、東京高速鉄道との合併、帝都高速度交通営団を経て、今や東京地下鉄株式会社(東京メトロ)として9路線195.1㎞の路線網に2,728両(平成27年度末時点)を擁するまでに発展している。しかも、来年90周年を迎えるその歴史は、首都・東京の輸送を担う、わが国を代表する先見性に溢れた車両技術の歴史でもあった。本書は東京地下鉄株式会社(東京メトロ)自らがその歴史を振り返るとともに、これまで市井に出ることのなかった各形式の公式パンフレットを復刻収録した待望の一冊。
 税込み予価3,200円 ISBN978-4-7770-1767-6


鉄道車輌ガイドVol.14
営団地下鉄丸ノ内線の赤い電車 (ネコムック)


 「鉄道車輌ガイド《は鉄道模型趣味者または実車細部趣味者向けの資料集で、実車の詳細な資料(写真や図面等)と模型作例が掲載。
 これまでは主に国鉄・JRの車両を13巻に渡って刊行してきたが、今回当サイトの写真に基づいて別のライターに依る(管理人よりも)解りやすくて詳しい解説が掲載。また作例には300形登場時等が掲載。模型製品もある程度掲載されている。
 当サイトにはない情報が満点の(管理人自身も)お勧めの1冊ですので是非。
 全101ページ、B5判、2013年4月27日発売。ISBN978-4-7770-1415-6


KATO Nゲージ鉄道模型
500,300形6両セット


 Nゲージ鉄道模型メーカーのカトーから、遂に営団丸ノ内線の赤い電車が製品化。2012年7月発売。元は昭和60年代の半固定編成で、内訳は705-314-663-706(M)-308-664。両先頭車のみライト点灯、方向幕[池袋]設置で[荻窪]交換パーツ付属。定価16,800円。



も く じ

丸ノ内線500形大研究
長い間丸ノ内線の主力であった500形は、細かい部分で様々なバラエティーがある。ここではそれら細かい部分を、晩年を中心に紹介していく。
最終更新 H15.6.7
丸ノ内線02系研究Classic
昭和63年以降、新たな丸ノ内線の主力となった02系。しかし西暦2022年には早くも本線から引退することとなった。02系も結構細かい部分で様々なバラエティーがある。ここではそれら細かい部分を、平成8年までの記録を中心に紹介していく。
H31.1.13新規公開
丸ノ内線赤い電車が消えゆく日
昭和63年に02系が登場してから赤い電車が平成8年に完全引退するまで、その過程を豊富な画像で綴ったフォトアルバムです。
H18.11.8新規公開
丸ノ内線500形最後の18両
平成8年7月、最後まで残った500形が完全引退。その最後の18両を、1両ずつの全体写真と台車と簡単な解説で紹介。
H18.10.18新規公開
丸ノ内線赤い電車の保存車
赤い電車は廃車後一般に売却したものが何両かあり、現在も幼稚園等に活用されている。ここでは現時点で判明している保存・活用車を紹介する。
最終更新 H24.9.28
銚子電鉄1002丸ノ内線色復活
平成23年11月、元分岐線用2040の銚子電鉄1002が丸ノ内線色に復活。その様子を写真と簡単な解説で紹介する。また長野電鉄3500系銀色も紹介。
H30.12.7更新







 このWebページはリンクフリーです。
リンクを貼られた方は、事後でも結構ですからメールを下さい。
このページにある文書・写真の無断転載を禁じます。




丸ノ内線の赤い電車

新幹線0系研究Web

魔法使いサリーのページ
ご利用上の注意 更新履歴
さかぽよすのページ(トップ) メールはトップから
メールを送信する場合は、「丸ノ内線の赤い電車《に対することであることを題吊或いは本文中に入れてください。